お客様の声

許可を頂いた方のみ掲載しております。

  1. HOME
  2. お客様の声
  3. 船橋市 グレ君のご家族から

お客様の声(猫)

船橋市 グレ君のご家族から

グレも大変元気な様子で、久々の私たちの姿を見てしばらくはニャーニャー声を出して甘えていましたので、沢山撫で撫でして、お留守番をねぎらってあげました。

今回は初回の依頼でしたが、細やかにご対応頂いて大変安心して出かける事ができました。
また次回も是非お願い出来ればと思いますので、その時にはまたどうぞよろしくお願い致します。
どうもありがとうございました!

———–

(ある日のお世話メール)

グレくんはベビーベッドの裏にはいなかったので、タンスの上のダンボールの中に隠れているのかもしれません。ビックリさせてしまうと可哀想なので、ダンボールの中は確認しませんでした。

ごはんの器が空になっていたので、まずごはんを用意しました。
オレンジの袋の中のごはんを、計量カップ9分目の量を計り、ごはんの器に入れました。
お水の器2つは、キッチンで手洗いし、新しいお水を入れました。

次にトイレの状態を確認したところ、トイレにはウンチもオシッコもしてありませんでした。

グレくんが出てきてごはんを食べやすいように、しばらく和室の電気を消し、襖を閉め、リビングの方で待ちました。

その間に玄関の郵便受けを取り込み、リビングの机の上に置きました。

しばらくしてから、もう一杯分のごはんを用意するために和室の襖を開けると、グレくんが出てきてくれていました。
サッと隠れてしまうかと思いきや、恐る恐る近づいてきてくれ、匂いを嗅いでくれました。

ごはんは一口二口ほど食べたようなあとがあり、さらにカップ9分目の量のごはんを継ぎ足しました。
ごはんを準備している間も、グレくんは、私の周りをぐるぐる回ったり、靴箱の上から眺めたりと、様子を観察しているようでした。

この後、電気を消して帰ります。
和室の襖とリビングの扉はそれぞれ15センチほど開けた状態にしておきます。